# 仕様

Web VideoMark の計測機能や制御機能などは各動画配信サービス毎に対応する実装をしており、各サービスによって対応する機能や、計測方法が異なる場合があります。

# 対応サービスリスト

サービス名 QoE 計算 ビットレート制限 モバイル 制限事項
AbemaTV (opens new window) × × △ (PC 版)
Amazon Prime Video (opens new window) × △ (PC 版) 動画の解像度制限のみ対応しています。ビットレート制限値は無視されます。
dTV (opens new window) × × △ (PC 版)
FOD (opens new window) × × △ (PC 版) (モバイルのみ) 動画の左上に重ねて表示する計測値の表示には未対応です
gorin.jp (opens new window) × × Android 用ブラウザーは未対応です
NHK オンデマンド (opens new window) × × △ (PC 版)
Paravi (opens new window) △ (PC 版) 動画の解像度制限のみ対応しています。ビットレート制限値は無視されます。
TVer (opens new window) × △ (PC 版)
TWILIGHT CONCERT (opens new window) ×
YouTube (opens new window)
YouTube (mobile) (opens new window) × ビットレート制御、QoE 推定精度などに制限があります
ニコニコ動画 (opens new window) × △ (PC 版) ビットレート制限は、動画の解像度毎の典型的ビットレート値を基準とします
ニコニコ動画 (sp) (opens new window) × × × SP サイトでの計測には未対応です
ニコニコ生放送 (opens new window) × △ (PC 版) ビットレート制限は、動画の解像度毎の典型的ビットレート値を基準とします

# 制限事項

# 共通の制限事項

ブラウザー用の拡張機能 Web VideoMark と Android 用計測ブラウザー VideoMark Browser で共通の制限事項について説明します。

  • 視聴途中のビットレート、スループット、解像度などの変動を履歴で確認できない
    • 使用データ容量の削減のため、計測したデータ全てを拡張機能に保持することはしていません。そのため、ビットレート、解像度、フレームレートなどの変動履歴は動画視聴中のオーバーレイ表示では確認できますが、視聴終了後の履歴画面では確認できません。
    • これについては将来仕様を変更し、履歴表示を可能にすることも検討しています。
  • スループットや応答時間などを計測しているのに履歴で確認できない
    • 申し訳ありませんが 2020/11 現在では計測時のスループットや応答時間を拡張機能のデータとして保持し、計測結果画面に表示する機能は未実装となっております。
  • 通信量が少なく計測される
    • Web VideoMark で計測する「通信量」は動画配信サービスで動画ページを再生したときの総通信量より低い値で計測されます。動画ファイルのダウンロードによる通信量だけを計測しており、その他のファイルの通信量は換算されません。また、ページ読み込みと同時にダウンロードする動画ファイルについては一部計測対象外となる場合があります。
  • 体感品質 (QoE) の推定結果が正しくないように感じる
    • Web VideoMark では動画視聴時の解像度、ビットレート、フレームレート、一時停止時間などに基づいて、効率的に体感品質値を推定しています。但し、動画の種類 (静止画・アニメ・実写など) によるビットレートの違いや、一部のコーデックによる品質の違い、あるいは実際に閲覧するディスプレイの品質や物理的なサイズなどは十分に考慮できていないケースがあり、人間が実際に体感する品質の評価とはずれが生じることがあります。
    • また、上記「対応サービスリスト」に記載の通り、再生時の正確なビットレートの取得に対応できていないサービスなどでは正確な計算が出来ず、推定誤差が大きくなります。

# VideoMark Browser の制限事項

Android 用計測ブラウザー VideoMark Browser では拡張機能での実装とは挙動が異なるものがあります。

  • サービス (サイト) 単位での無効化が出来ない。
    • PC 向けの拡張機能では、ブラウザーの拡張機能管理画面にサイトへのアクセスを制限する機能があり、計測対象とするサイトを制限することが出来ます。VideoMark Browser ではこのようなサイト単位での有効無効を切り替える方法は提供しておりません。
  • シークレットモード時の有効無効の設定が出来ない
    • PC 向けの拡張機能では、ブラウザーの拡張機能管理画面にシークレットモード / プライベートブラウジングでの実行を許可する機能があり、当該モードでの有効化が可能です。VideoMark Browser では有効化する方法を提供しておりません。
  • 一部サービスが PC サイト表示される
    • モバイルブラウザーによるアクセス時にアプリのインストールの案内だけを表示し、動画の視聴・計測が不可能な一部特定サービスについては、本ブラウザーアプリは計測用のアプリケーションであることから、PC 向けのサイトを表示する挙動となります。そのため、別アプリインストールを促すモバイル向けサイトにアクセス出来ない場合があります。

# ブラウザ間の違いや制限事項

ブラウザー用の拡張機能 Web VideoMark は可能な限り多くのブラウザで同一の機能・動作となるよう努めていますが、ブラウザにより動作に違いや制限事項が生じる場合があります。

ブラウザ 特記事項・制限事項
Chrome 特に無し。
但し、Chrome は Proxy 情報や DNS 名前解決の API をサポートしていないため、Firefox での計測時に比べ、取得される情報に欠落が生じる可能性があります。
Brave, Edge, Vivaldi Chromium ベースの各ブラウザでも Chrome と同様に動作します。今のところ Chrome 以外のブラウザであることによる制限事項は見つかっていません。
Firefox (PC) 特に無し
Firefox for Android 同じ Android でも VideoMark Browser とは実装が異なります。モバイルブラウザーでの動画視聴に対応していない一部動画サービスについて PC 向けサイトを表示する機能などは備わっていません。

# 分析処理

# 地域と ISP の推定

利用者の地域や ISP はアクセス元の IP アドレス (の一部) から逆引きすることで推定しています。IP アドレスからの逆引きには MaxMind 社の提供する GeoIP2 データベース (opens new window) を利用しています。このデータベースは定期的に更新するようにしていますが、必ずしも正確な推定ができるわけではなく、ISP 名称なども正しいサービス名で分類されない場合がある点についてはご留意ください。